日本語教育

弊社は技能実習生向け独自の日本語教育カリキュラムを作成しました。教育された後、実習生の日本語能力はN5、N4に相当し、現場で命令を受け、命令に応じて行動する事ができるとお約束致します。

 

 目的:実習生が現場で早く仕事に慣れること及び実習生のよくある弱点を改善することを目指し、IBS人材株式会社は日本語教育を重視しております。そのため、以下の基準に基づき実習生向け職種別の日本語教材を作成しました。

  • 日本語教育を技能訓練とオリエンテーション教育と交互に行います。
  • 文法と語彙の授業を会話の授業と交互に行います。
  • 会話を重視し、日本人教師による授業を多く入れます。
  • 日常会話と仕事によくある会話を練習します。
  • 職種別の日本語、受令の仕方、現場でのマナー、報連相。
  • 毎週テスト

 実習生の日本語能力をテストで評価した上で、日本企業様・監理団体様に実習生の学習状況報告書を定期的にお送り致します。

 弊社の教育センターにて4‐5ヶ月教育された後、実習生の日本語能力が100%N5,N4 に相当する事をお約束いたします。

関連情報