IBSニュース

IBS送り出し機関は公式にベトナム農業農村開発省と協力する覚書を署名
06
02 月
IBS送り出し機関は公式にベトナム農業農村開発省と協力する覚書を署名
  • 14
    11 月

    IBSのオリエンテーション教育について

    IBSのオリエンテーション教育について

  • 14
    11 月

    IBSの日本語教育について

    IBS人材株式会社は日本語教育を重視しております。そのため、以下の基準に基づき実習生向け職種別の日本語教材を作成しました。

  • 14
    11 月

    IBSのサービス -成功のカギ

    「成功へ導く」をスローガンに挙げ、弊社IBSは日々精一杯努力しており、お客様に最も良質なサポートサービスを提供し、お客様と同行して、お客様を成功に導くお手伝いをさせて頂きます。それを実現し、お客様をサービスの質で満足させるために、弊社は絶えずにサービスの質を改善し、取り組んでおります。

市場ニュース

ベトナムジャパン人材開発の協力を強化
14
11 月
ベトナムジャパン人材開発の協力を強化
  • 14
    11 月

    トランプ大統領 キム委員長 きょう相次ぎベトナム入りへ

    アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談に臨むため、ワシントンを出発しました。北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置とその見返りをめぐり、どのような合意をはかれるかが焦点となります。

  • 14
    11 月

    ベトナムジャパン人材開発の協力を強化

    2019年6月に、在日ベトナム人協会(VAIJ)主催の下、駐日ベトナム大使館、日本・東京商工会議所とベトナムフェスティバル実行委員会が「日越人材戦略シンポジウム~共生社会への取り組みと未来」を共催しました。

  • 14
    11 月

    「特定技能」資格を取得した初のベトナム人 5年間日本で働く

    今年の6月に、エレベーター・昇降機専業メーカーの大澤工業(富山市池多、中村秀行社長)は13日、同社で技能実習生として働いたことのあるベトナム人男性(33)が特定技能者の認可を受けたと発表しました。ブー・ディン・ゼップさん(33)は2013年から3年間は技能実習生として、その後は、過去建設分野で技能実習を行った外国人技能実習生に対して与えられる在留資格で大澤工業に勤務し、溶接技術を身につけました。

  • 14
    11 月

    長野県はベトナム労働傷病兵社会福祉省と人材開発の協力に関する覚書を署名した

    長野県と労働傷病兵社会省はハノイ市で14日、人材開発の協力に関する覚書に署名した。阿部知事は、これまで長野県は農業や製造、観光など多くの分野でベトナムと協力してきたとし、現在長野県では約3400人のベトナム人が居住・労働していると述べた。